任意売却とは

みなさんは、任意売却という言葉をご存知でしょうか。借入金の返済が不能になったとき、通常は金融機関が抵当権に入っている不動産を差し押さえて競売で処分します。任意売却はこの処分の方法のひとつで、所有者自身の意思で不動産を処分するものです。もちろん、金融機関の了解が前提になります。不動産の競売には、手続きの費用とそれなりの時間がかかります。

また、実勢の価格よりも回収額が低いことがほとんどであり、債権者としても任意売却を推奨している場合が多くなっています。その点、任意売却であれば、実勢の値段に近い価格で販売が可能になっています。また、競売は近所に知られてしまう可能性が高いですが、任意売却であれば、通常の不動産の売買と同じになるので、差し押さえが原因ということは周りからは推測されにくいです。ただし、任意売却では売れないということも考えなくてはなりません。

売れない場合は、金融機関の判断で競売へと移行されてしまいます。また、任意売却の場合、売却後も住み続けることが可能です。これはリースバックという方法を用いることで可能になります。リースバックとは、購入者に不動産を売却してしまいますが、賃料を支払うことで継続してその不動産を利用できるものになります。さらに、リースバックが終了したあと、不動産を再び買い戻すこともできます。なお、任意売却については、ネットで調べてみることもできますが、任意売却に精通している不動産屋に相談してみると良いでしょう。

任意売却の購入

任意売却物件の購入について説明すると、任意売却物件は競売物件に比べて安全ということが言えます。それは、物件の状態と権利関係を事前に確認できるからです。競売物件の場合、これらの情報は裁判所からの書類でしか確認することはできません・・・

任意売却のトラブル

任意売却は、不動産業者が中心になって行いますが、それでもトラブルはあるようです。不動産業者への報酬は仲介手数料のみとなっており、その上限も決められていますが、任意売却申請費やコンサルティング料を請求してくる業者もあります。このような・・・